株主のメリットとデメリット

株主とは、会社が資金調達のために発行している株の購入者になります。株を購入することで会社へ投資することになりますので、実質的には、株主は会社の所有者となります。株主の権利としては、会社の利益に応じて配当金や、株主優待として会社の独自製品や優待券が受けられる権利、また、増資の際に新しい株をもらえる権利、株主総会での議決の権利があります。配当や株主優待は業績によっては出ない場合もあります。またベンチャー会社などでは、利益が有る場合でも今後の資金に当てるために、株主へ返還を行わない場合もありますので、株主としてはさらなる将来性、成長性に期待をして、投資をすることになります。増資を行う場合については新株を発行する有償増資と、発行済みの株を分割して株数を増やす、株式分割があります。株式分割は資本金を変えずに、1つの株を1.5株や2株や3株というように分割する方法です。そのため株数は増えますが、株価が下がることになります。株式分割は株価が高くなりすぎた場合などに執られることの多い方法です。株価が下がることで、特に個人投資家の層で、金額的に株を購入することが可能になる人が増えるため、企業としては株主が増えるメリットがあります。また、株価が下がり売買がしやすくなった結果、需要が増えて株価が上がる可能性がでてきます。株主としてのメリットは無料で株数が増え、配当金が増える可能性があることと、株価が下がるために売買がしやすくなることにあります。有償増資に関しては新しい株を発行することになるので有償になり、株主を募ることになります。株主総会については決算承認など定期的に開催される定時株主総会と、重要事項の決定などのために臨時に開催される臨時株主総会があり、会社の最高決定機関として位置付けられています。株主にはこの株式総会で会社に意見できる議決権が与えられています。株主総会での決議は多数決で行われ、議決権数は1株(1単元)で1議決権とされ、持っている株数によって異なっています。しかし、このようなメリットがある反面、デメリットもあります。株の投資はすべて自己責任となりますので、会社の業績の悪化などによる株価の低下や、会社が倒産した場合のリスクを背負うことです。倒産場合の負債については、株主に対して出資金以外の請求がされることはありませんが、出資分の保証もありません。残余財産分配権によって、株数に応じて財産が分配される権利がありますが、解散する会社の財産が負債の返済をした上で残っている場合のみになります。

株を買う流れ

株を買う流れについてですが、実際に株を買う方法について正気したいと思います。まずは、株のオンライントレードするという場合には、自分のIDで会員ページにログインをすることから始めます。そしてログインをしてから、取引という項目がありますので、そちらをクリックすれば、株取引を開始させることができます。株取引画面では、買い注文を出すのか、それとも売り注文を出すのか選ぶことになります。買い注文を出す場合の流れとしては、買いたいと思っている株の銘柄のコードがありますので、4桁の銘柄コードを入力してください。そしてどれだけ株を購入するのか、購入数も入力します。そして指値注文なのか、成行注文なのかを選んで、単元株をいくらで購入するのかも入力しましょう。取引の流れはここまでで、あとはパスワードを入力すれば、これで株が買えてしまいます。この一連の流れを株の動きを見て、1分1秒を争っている時にも最初から入力しなければいけないので、焦ってしまう人もいるかもしれませんが、焦って数字を打ち間違えてしまうと大変ですから、最初は慌てずにしっかり入力して行きましょう。慣れてくれば、スムーズに入力できるようになると思います。証券会社の中には、取引が簡単に出来る機能やツールを用意しているところもありますので、そちらを使えば、さらにスムーズに入力することができるようになるのではないでしょうか。株を買う取引の中で、指値か成行かを選ぶところがありましたが、これはどういう意味なのでしょうか。株の指値注文というのは、自分があらかじめ設定した値段以下で株を買いたいと思ったり、自分が設定した値段以上で株を売りたいと、希望した株価を決めて売買する注文方法のことを言います。一般的な株の場合では、自分の希望の値段で売買取引ができるように指値注文をメインにして行う人が多いのが一般的ではないでしょうか。そして成行注文というのは、自分で希望した株価を決めないで売買注文をする方法です。成行注文は指値注文よりも優先的に注文されますから、株の値段が急激に上がりそうで、今すぐ株を売買したいという、急いでいる時の売買には、とてもいい注文方法です。成行注文は株を買うときには、今の値段よりも割高で購入することになって、株を売るときには、割安で手放すことになりますから、結果的には、損が出てしまう取引の方法なので、一般的に通常取引をする場合には、指値注文で売買取引をした方がいいでしょう。

 

株主優待

株主優待とは、株取り引きのメリットの一つでもあります。株主優待は、会社が株主に、自分の会社の製品を株主に分かってもらったり知ってもらったりすることを目的として渡している品物のことを言います。品物を製造販売している会社の場合には、その品物を無料で受け取ることができるのですが、たとえばレストランやホテルなどのサービスを提供している会社などの場合には、サービスチケットがもらえたり優待券がもらえるなどの品物とは違ったサービスを実際に受けることができる株主優待になります。もっと具体的に株主優待の中身を紹介すると、たとえば大手の外食レストランチェーンでは、そのレストランで使える金券がもらえたり、ファーストフードの会社では、ファーストフードのお店で無料で商品と交換してもらえるクーポン券がもらえるなどの株主優待制度があります。他にも何か製造販売している会社の株主優待の場合にはその製造している物がもらえます。それは食品会社の場合には、食べ物であったり、詰め合わせであったりしますし、ゲームを作っている会社の場合にはゲームのソフトだったりします。株主優待は誰でも受けられるというわけではありません。株主優待が受けられるのは、決済の時に、株主名簿に名前が掲載されていることが条件になっていますので、1年間株を持ち続けていなくても株主優待制度を受けることは可能ですが、会社の決済の時に、株主名簿に名前が載っているということだけは条件になっています。ほとんどの会社が、決済は3月31日にしているのですが、会社によっては、中間決済の時に名前が掲載されているだけでも株主優待制度を受けさせてくれることもあります。このときは、1年に2回も株主優待が受けられることになりますので、他の会社に比べるとメリットが2回に増えて得ですね。株主優待で受けられるサービスというのは、相場的にはどれくらいなのかというと、商品やサービスによっても違ってくるのですが、1000円前後から5000円位までが株主優待での商品やサービスの相場となっています。株を買う際に、どこの会社の株を買うのか迷っているという人の場合には、株主優待のサービスや商品の内容を確認して、それを比較して選んでみるというのもいいかもしれませんね。よく行くレストランやホテル、ファーストフードなどがある場合には、そこの株を購入することで、株主優待制度を利用して、お得にサービスを受けられるメリットもあるのです。